主演ドラマで落語に挑戦した岡田将生 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の岡田将生(29)が12日、NHK総合で10月12日から放送のドラマ『昭和元禄落語心中』(毎週金曜 後10:00)のスタジオ取材会に出席。主演で落語の名人・有楽亭八雲/菊比古を演じており、噺(はなし)家に挑戦するにあたっての心境を語った。

【写真】着物姿で出席した岡田将生&大政絢ら

 同作は、雲田はるこ氏による漫画『昭和元禄落語心中』(講談社)が原作。昭和の落語界を舞台に、噺家の愛おしき素顔と業(ごう)を描く本格落語作品で、『第17回 文化庁メディア芸術祭』マンガ部門優秀賞、『第38回 講談社漫画賞』一般部門受賞など、魅力的なキャラクターと骨太なストーリーで漫画賞を総なめに。2016年、17年の2期にわたってテレビアニメ化もされている。

 8月から撮影が始まり岡田は「落語は難しくて、4月くらいからけいこを始めました。(監修の落語家・柳家)喬太郎師匠から少しずつですが、褒められるたびに落語が好きになりました。暑い中、着物を着てやるのは大変ですが、キャスト一同、良いドラマを作るために取り組んでいます」と意気込み。

 落語のイメージは「孤高な感じといいますか、役もそうですが、一人で高座に立つと自分だけでどう見せるか、話をするかなどストーリー構成とキャラクター設定ができる。自分との戦いもありました」と告白。

 お気に入りの演目は『死神』だそうで「最初に習った演目。20分くらいの演目なのですが、役衣装を着てやるのと、けいこしている時では全然違う。どんどん、自分も死神になっていきますし、自分が演じる菊比古も変わっていく。なので、この演目は特別な感情があります」と振り返る。

 また、「先月、誕生日だったのですが、『死神』という日本酒をいただきまして…。誕生日にもらう物なのか」と複雑な心境を明かすも「まだ飲めていないので、撮影が終わったらみなさんと飲めたらいいなと思います」と笑わせた。

 落語嫌いの「みよ吉」役を務める大政絢は、落語に取り組むそんな岡田の姿に「みなさん現場中、小声でモゴモゴ言っているんですよ。それが『良いな~』と思って、やってみたい。(撮影が)終わってから勉強したいと思います」と笑顔で宣言した。

 この日は、竜星涼、山崎育三郎、篠井英介、平田満も出席した。

関連記事