スペインからの分離独立を目指し、デモを行う市民ら=11日、バルセロナ(ゲッティ=共同)

 【パリ共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州の祝日の11日、スペインからの分離独立を目指す市民らが数年来恒例の大規模デモを州都バルセロナで行い、地元警察によると約100万人が参加した。

 カタルーニャでは昨年10月、州政府が中央政府の反対を無視して独立を問う住民投票を強行。州議会の一方的な独立宣言を受け、中央政府は自治権を一時停止した。人口約750万人の州の世論が二つに割れる中、独立派の指導者らは多数の動員で改めて勢力を示すよう呼び掛けていた。

 赤と黄のしまに青の三角と星を配した独立派の旗とともに通りを埋めたデモ参加者は「独立を」と唱えた。

関連記事