【10年前のきょう・2008年9月12日】越前松平家の二十代当主、松平宗紀さん(68)=東京都=と、加賀前田家十八代当主の前田利祐さん(72)=同=が十二日、特別陳列「松平春嶽をめぐる人々」の会場を訪れた。春嶽の人柄をあらためて知るとともに、両家の交流を深めた。

 江戸時代には、名門親藩大名と外様大名として隣同士で”けん制”していた両家。松平さんが「過去の歴史のことはまったく気にもしない」と言う通り、数年前から月一回ペースで会うほどの親密な交流を続けている。

関連記事