ビーチバレー女子 福井―大阪 4強入りを決めた幅口絵里香(手前)、村上めぐみペア=福井県小浜市の若狭鯉川シーサイドパーク

 福井国体ビーチバレー女子の福井県代表、幅口絵里香・村上めぐみ組(オーイング)が危なげなく4強入りした。強風でミスを連発するチームがいる中で、安定感がひときわ光った。

 予選3戦を全勝で終え、準々決勝は大阪ペアを相手に第1セットを21―13で先取。第2セットも4連続得点し流れをつかむと、強烈なスパイクやサーブを次々と決めて21―10と全く寄せ付けず完勝した。

 試合前、風を意識した一つ一つのプレーを入念に確認。村上は「勝敗が分かれるような強い風だったが、触ったボールをしっかりコントロールできた」と納得の表情。幅口は「攻撃の形まで持っていけたのがよかった」と勝因を強調した。

 9月11日の準決勝は東京と対戦する。

小浜市
「夢、無限大」感動おばま
【編集部が勝手にオススメ】▽観光 明通寺、蘇洞門▽味覚 若狭ふぐ、鯖ずし【出身…
バレーボール
▼バレーボール6人制。1セット25点先取の5セットマッチ(最終第5セットは15…
バレーボール
関連記事