1851(嘉永4)年生まれ。杉田定一が提唱、組織された「南越自由党」の中心として活躍。県議を経て、1890(明治23)年の第1回衆院選挙に3区(丹生郡)から出馬して鯖江市初の衆院議員となった。