福井―富山 粘り強いピッチングを見せた福井の先発横山恒平=福井県坂井市の三国総合運動公園野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは9月7日、福井県坂井市の三国運動公園野球場で富山GRNサンダーバーズと戦い、11―3で勝利した。通算17勝11敗4分けで西地区2位。福井は後期残り2試合。次戦は8日午後1時から、滋賀県の守山市民球場で滋賀ユナイテッドBCと戦う。

富山
000 011 010…3
010 009 10x…11
福井

 【評】福井は先発横山恒平が6回8安打2失点の粘投。六回に富山の投手陣の乱れに乗じて大量得点し11―3で快勝した。

 福井は二回、2死から石井建斗の本塁打で先制。逆転を許したが、六回に継投した富山の投手が四球を連発。押し出し四球や荒道好貴の左前適時打などで9得点した。

 横山は、二回に2死満塁のピンチを背負うなど苦しい場面もあったが、切れのある直球で乗り切った。3番手で初登板の三染真利は1回1失点。最後は藤原静也が無失点で締めた。

関連記事