炎を上げて燃える機能材工場=9月6日午後10時20分ごろ、福井県敦賀市呉羽町の東洋紡敦賀事業所第二

 9月6日午後1時20分ごろ、福井県敦賀市呉羽町の東洋紡(本社大阪市)の敦賀事業所第二内にある敦賀機能材工場のA工場1階付近から出火。建物や内部の機器、材料などが焼けているとみられ午後10時現在燃え続けている。事業所内にいた270人にけがはなく、健康被害は確認されていない。

 敦賀美方消防組合によると、午後9時現在でポンプ車などの車両延べ20台、隊員約70人が出動。建物内部で消火活動を行っているが、煙が大量に発生し難航している。

 火災が起きたA工場では、車用エアバッグに使われる「ナイロン66」と呼ばれるナイロン繊維を製造している。建物は鉄筋コンクリート5階建て、延べ床面積約4800平方メートル。原料を2階以上のフロアで加工、1階に設置された延伸機を経由して巻き取り機で円柱状に繊維を巻き取って出荷している。

 同社によると出火当時現場では従業員7、8人が作業していたとみられる。

関連記事