大型トラックに追突し運転席がつぶれた大型トレーラー=9月5日午後0時25分ごろ、福井県高浜町横津海(福井県警提供)

 9月5日午前3時半ごろ、福井県高浜町横津海の舞鶴若狭自動車道下り線で、愛知県春日井市、トラック運転手男性(40)の大型トレーラーが、2時間余り前に発生したトラック4台が絡む追突事故により最後尾で停車していた大型トラックに追突した。男性は頭を強く打つなどし、約3時間後に搬送先の病院で死亡が確認された。

 最初の追突事故で最後尾の大型トラックから降りていた福岡市南区、トラック運転手(31)が、前の車両とガードレールに右脚を挟まれ骨を折る重傷を負った。

 県警高速隊によると、現場は片側1車線の直線道路。4台が絡む追突事故の後、片側交互通行となっていた。舞鶴東―大飯高浜インターチェンジ(IC)間の上下線が、午前3時50分ごろから約10時間にわたり通行止めとなった。

 西日本高速道路関西支社によると、5日午前3時15分時点で、事故現場を含む下り線舞鶴西-大飯高浜IC間で13・6キロの渋滞が発生していた。

関連記事