強風で倒壊した福井県営陸上競技場の鉄パイプの骨組み=9月4日、福井県福井市福町

 気象庁によると9月4日、台風21号の接近に伴い、福井県敦賀市で午後4時までに最大瞬間風速が観測史上最大となる47・9メートルを観測した。勝山市は38・9メートル、大野市は31・5メートルで、いずれも同地点の観測史上最大を更新した。

 34メートルを記録した福井市では、福井国体の開・閉会式などの会場となる県営陸上競技場の鉄パイプの骨組みが倒壊した。工事関係者は骨組みが倒れる前に危険と判断し、現場を離れていたという。

 そのほか県内各地の最大瞬間風速は坂井市三国25・4メートル、坂井市春江31・4メートル、福井市越廼16メートル。南越前町今庄30・9メートル、美浜町の32・2メートル、小浜市の35メートルは9月の観測史上最大。

 最大風速は勝山市で21・1メートル、大野市で14・2メートルを記録し、観測史上最大となった。

 福井地方気象台は9月4日午後4時現在、県内全域に大雨警報と暴風警報、大野市、越前市、池田町、南越前町、敦賀市、美浜町、小浜市に洪水警報、沿岸全域に波浪警報、嶺北北部を除く沿岸全域に高潮警報を出し、台風21号への警戒を呼び掛けている。

 福井市、勝山市、大野市、越前市、池田町、南越前町には土砂災害警戒情報も出されている。

関連記事