台風21号の進路予報

 気象庁によると、非常に強い台風21号は4日正午ごろ、徳島県南部に上陸した。日本に「非常に強い台風」が上陸するのは1993年の台風13号以来、25年ぶり。いったん瀬戸内海に出た後4日午後2時ごろ、神戸市付近に再上陸した。午後3時には京都府の福知山市付近に進み、若狭湾に抜けて日本海の福井沖を北上、能登半島方面に向かった。福井県も暴風域に入り、敦賀市で最大瞬間風速47・9メートルを記録するなど強風が吹いている。

 ⇒台風21号の情報はここから

 気象庁によると、台風は上陸後、4日夕に北陸から日本海へ抜けて北に進み、5日朝には北海道の海上へ達して温帯低気圧に変わる。

 偏西風の影響で速度が上昇しており、気象庁の予測では4日夜には時速70キロに達する可能性がある。近づくと急速に雨や風が強まる恐れがある。速度を速めながら移動し、台風が近づくと急速に雨や風が強くなる恐れがある。

 5日午前6時までの24時間予想雨量は東海が500ミリ、近畿と関東甲信が400ミリ、四国が300ミリ、北陸が250ミリ、北海道が180ミリ、東北が150ミリ、中国が100ミリ。台風の中心が通るとみられる四国や近畿のほか、東海では局地的に、1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る可能性がある。

 5日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は四国と近畿が45メートル(60メートル)、東海が35メートル(50メートル)、中国と北陸、東北が30メートル(45メートル)、北海道が28メートル(40メートル)、九州南部が23メートル(35メートル)、関東と伊豆諸島が22メートル(35メートル)、九州北部が20メートル(30メートル)。

 海上も大しけとなり、波の高さは四国と近畿が12メートル、東海が11メートル、伊豆諸島が8メートル、九州南部と九州北部、北陸、関東、東北、北海道が6メートル、奄美が5メートル、中国が4メートル。高潮にも警戒が必要で、特に大阪湾沿岸では過去最高潮位に匹敵する記録的な高潮となる恐れがあり、大阪府で2・8メートル、兵庫県でも2・7メートルなどと予想されている。

 台風は4日午前6時現在、高知県の足摺岬の南約160キロを時速約35キロで北北東へ進んだ。中心気圧は945ヘクトパスカルで、最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から南東190キロと北西90キロが風速25メートル以上の暴風域。

  予想される最大風速は嶺北、嶺南とも陸上27メートル、海上で30メートル。最大瞬間風速は陸上で40メートル、海上で45メートル。波の高さは6メートル。暴風警報を出して厳重注意を呼び掛けている。

関連記事