【10年前のきょう・2008年9月4日】故郷の自治体などに寄付すると所得税、住民税が控除される「ふるさと納税」で、福井県と十七市町の共同窓口を通じた県への寄付が四日までに一千万円を超えた。制度スタートから四カ月での大台突破。八月だけで八十六人から三百万円近くが寄せられ、PR月間の普及運動が功を奏した。

関連記事