台風21号の予報円と伊勢湾台風の進路

 福井地方気象台によると、非常に強い台風21号は、9月4日昼すぎから4日夜の始めごろにかけて、福井県に最も接近する見込み。県内では非常に激しい雨の降る恐れがあり、同気象台は暴風、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けている。高波、高潮、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意を呼び掛けている。

⇒【画像】台風20号では福井県内に大きな被害

 非常に強い台風21号は沖縄県・南大東島の東の海上を北寄りに進んだ。4日午後に四国から東海にかなり接近し、上陸する見込み。

 福井地方気象台によると、福井県内では4日昼すぎから4日夜遅くにかけて雷を伴った激しい雨の降る所がある。4日夕方から4日夜遅くにかけては非常に激しく降る恐れがある。

 4日に予想される1時間降水量は、多い所で嶺北70ミリ、嶺南70ミリの見込み。4日午前6時までの24時間に予想される降水量は、多い所で嶺北10ミリ、嶺南10ミリ。

 その後、5日午前6時までの24時間に予想される降水量は、多い所で300~400ミリに達する見込み。

 風は4日昼すぎから夜の始めごろにかけて、暴風となる予想。4日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、嶺北の陸上25メートル(35メートル)、海上30メートル(45メートル)。嶺南の陸上25メートル(35メートル)、海上30メートル(45メートル)の見込み。

 波は4日夜の始めごろ4日夜遅くにかけて、しけとなる。4日に予想される波の高さは、嶺北5メートル、嶺南5メートル。その後、5日にかけて波は高い。

 気象庁によると、台風21号は3日午前6時現在、南大東島の東約240キロを時速約20キロで北北西へ進んだ。中心の気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心の東側170キロ以内と西側130キロ以内は風速25メートル以上の暴風域になっている。

 仮に西日本に上陸し、北陸から日本海に抜けると、各地に大きな被害をもたらした伊勢湾台風(1959年の台風15号)とよく似たコースをたどる恐れがある。

伊勢湾台風は福井県にも大きな被害をもたらした

関連記事