【10年前のきょう・2008年9月3日】福井市の福井大文京キャンパスに「総合研究棟Ⅰ」の東館(地上十三階、延べ八千七百四十一平方メートル)が完成し、三日、同研究棟全体の完成記念式典が行われた。供用されている西館と合わせ、同大の教育研究拠点として活用される。

 東館は昨年四月に着工。鉄骨造り、高さ約五十メートル各階に最新設備を有する生物・化学・物理の各実験室や研究室を整備し、学部・研究科の枠を超えた理系教育の研究環境を整えた。

関連記事