第141回北信越地区高校野球福井県大会準々決勝・金津―敦賀気比 敦賀気比打線を5安打に抑え完投した金津の石丸結大=9月2日、福井県営球場

 第141回北信越地区高校野球福井県大会第6日は9月2日、福井県営球場で準々決勝2試合を実施。第1試合は金津が敦賀気比を終盤に逆転して2―1で下し、準決勝に進出した。

金津
000 000 110…2
000 010 000…1
敦賀気比

 ■金津 石丸結大―南恒希
 ■敦賀気比 黒田悠斗、木下元秀―御簗龍己

 ⇒試合の写真集を見る

 ⇒福井県大会トーナメント表はこちら

 金津は1点をリードされ迎えた七回、2死二塁から長谷部慎之介が適時打を放ち同点に追いついた。八回には福田悠太、石丸結大、南恒希の3連打で無死満塁の場面をつくると、続く夛田新太郎の右犠飛で逆転に成功した。

 先発石丸は五回に1点を失うも追加点を許さず、敦賀気比打線を5安打に抑え完投した。

 敦賀気比は五回、御簗龍己が四球を選び出塁すると岡村匠樹が左前打を放ち2死一、三塁の好機を演出。続く中川宙の中前適時打で先制点を挙げた。しかしその後打線がつながらず、力投する投手陣を援護することができなかった。

関連記事