8月31日午後6時の天気図(気象庁HPより)

 福井地方気象台によると、福井県は9月1日朝にかけて大雨となる恐れがあり、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けている。落雷や竜巻などの激しい突風に注意も呼び掛けている。

 JR西日本は1日朝の北陸線特急しらさぎ52号(午前5時金沢発米原行)を運休する。小浜線は普通午前5時34分西舞鶴発敦賀行を運休とした。8月31日午前7時40分発表。

 日本海から北陸地方に前線がのびており、前線は9月1日にかけて北陸地方をゆっくり南下する見込み。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、福井県では大気の状態が非常に不安定となる。

 1日朝にかけて、雷を伴い1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、1日未明から1日明け方にかけては、1時間に50ミリの非常に激しい雨の降る所がある見込み。1日午後6時までの24時間降水量は多い所で、嶺北150ミリ、嶺南100ミリの見込み。

 JR西日本は8月31日、大雨が見込まれるため北陸線上下線の特急で同日午後から最終列車まで、サンダーバード26本、しらさぎ18本、ダイナスターなど4本の計48本を運休にした。小浜線は夕方以降の上下線12本を運休にした。

✖ ✖ ✖

 JR西日本は31日夜に北陸線で臨時のサンダーバード2本を運行すると発表した。下りは97号午後8時54分大阪発、午後11時29分金沢着。上りは98号午後8時47分金沢発、午後11時28分大阪着。

関連記事