【越前海岸】アジは鷹巣漁港で日中5~8センチが30匹前後。夕方から夜中にかけて15~18センチにサイズアップし、10~15匹の釣果。アオリイカは鷹巣から大崎で目撃情報が多い。スズキは三国突堤などで餌やルアーを使って40~45センチが1、2匹。キスはピンギスが多くなっている。気温が少し下がってくれば、大型のチャンス到来。三国の磯ではヒラマサが回遊している。

 

【福井新港】5~10センチの豆アジは第2排水口、パイプラインで好調。チヌはパイプライン、北防で25~45センチが1~4匹。第2排水口では38~43センチが2、3匹と堅調。岸壁沿いではキジハタ、カサゴ。

 

【嶺南】小浜新港でサヨリの釣果が伸びている。日によってムラはあるが、多い人で100匹。平均15~20センチで、遠投すれば20センチオーバーも狙える。豆アジも好調が続いている。中型は朝夕まずめに20~30匹。アオリイカは内外海半島で10~20匹の釣果。敦賀半島の立石ではチヌ、グレがフカセ釣りで揚がる。

 

【河川】アユは九頭竜川中部の飯島、北島、坂東島などで23~26センチがおおむね20~30匹。九頭竜川や北川の河口で30~60センチのスズキ。ナイトゲームがよく、仕掛けはアオイソメの餌釣りやルアー。

 

【沖合】小浜、敦賀、鷹巣沖などでマイカが20~30匹。

 

越前海岸
アジ
アオリイカ
福井新港
チヌ、アジ
嶺南
サヨリ、アジ
河川
スズキ、アユ
関連記事