県が毎年行う献上ガニ(越前がに)は、長年1922(大正11)年からとされてきた。しかし1910(明治43)年1月1日付福井新聞に、前年12月に知事が四ケ浦村のカニを東宮御所に献上した記事があり、これが最初とされる。