特殊詐欺撲滅に向けたオリジナルソングを作った山本泰弘理事官(手前左)、久保顕理さん(同右)と福井県警生活安全企画課員=8月28日、福井県警本部

 「サギ師なんかにゃダマされないぜ♪」―。相次ぐ特殊詐欺を撲滅しようと、福井県警はオリジナルの啓発曲を制作した。メジャーデビュー経験のあるバンドのボーカルが歌い、ノリやすいロック調。県警ホームページで8月29日から公開し、9月1日には福井ミラクルエレファンツ(ルートインBCリーグ)の公式戦前に、試合会場の丹南総合公園野球場(越前市)で警察官らがダンスを交えお披露目する。

 電話やはがきなどで不特定多数をターゲットにする特殊詐欺にだまされないよう、若者からお年寄りまで幅広い年代に啓発するため曲制作を企画した。発案した県警生活安全企画課の山本泰弘理事官(53)が作詞を担当。「警察から電話が掛かり キャッシュカード預かります」「はがきが届き 裁判なるから金払え」などと手口の一端を盛り込んだ。

 「見破ってやったんだぜ」「そんな話はむし!ムシ!無視!」とテンポ良く痛快に歌い上げるのは、テレビアニメのオープニング曲を歌った経験を持つ30代男性ボーカル。ギターやドラム、ベースを使い、作曲担当の福井市のミュージシャン久保顕理さん(38)が「格好いい、本格的なロックサウンド」に仕上げた。

 山本理事官、男性ボーカル、久保さんの3人で結成した“バンド”は、福井藩士橋本左内が著した人生の指針「啓発録」とロックを掛け「ケイハツロック」と名付けた。曲名は「MIYABUTTA(見破った)」。

 各署の出前講座で活用し、県警本部の代表電話の保留音にも設定する予定。山本理事官は「お店などでも流してもらえたら。老若男女問わず、詐欺撲滅に関心を持つきっかけにしてもらいたい」と話している。

 1日は丹南総合公園野球場で午後0時35~45分、福井ミラクルエレファンツ-栃木ゴールデンブレーブス戦前に、県警生活安全企画課員や選手ら計20人がグラウンドに立ち、曲を披露する。雨天中止の場合は、坂井市の三国運動公園野球場で2日午後5時半~40分、福井―信濃グランセローズ戦前に披露する。

 CDは希望者に無償配布する。問い合わせは同課=電話0776(22)2880(平日午前8時半~午後5時半)。

関連記事