8月30日午後6時の天気図(気象庁ホームページより)

 福井県内は8月31日朝から9月1日にかけて大雨になる恐れがある。1時間に30ミリの激しい雨が予想され、福井地方気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、落雷、竜巻に注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、南下する前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため大気の状態が不安定になる。8月31日午後6時までの24時間予想雨量は、ともに多いところで嶺北80ミリ、嶺南40ミリ。その後も降り続き、9月1日午後6時までの24時間では多いところで100~150ミリに達する見込み。

関連記事