秋の高校野球福井県大会見どころ

 第141回北信越地区高校野球福井県大会は9月1日、県営球場(福井市)で準々決勝2試合を行う。第1試合では昨秋の県大会で優勝した金津が今夏の甲子園出場校、敦賀気比と激突。秋季では2014年以来4年ぶりの準々決勝進出を果たした足羽は、第2試合で啓新と対戦する。

 金津は打線が好調。初戦の2回戦では武生を相手に11安打11得点で打ち勝った。一度、向こうに傾きかけた流れを引き戻して勝利したのはナインの自信につながったはずだ。一方の敦賀気比は1回戦で科学技術に9-1で七回コールド勝ち。2回戦は福井高専に9-1で八回コールド勝ちを収めており、いずれも2ケタ安打で打線の充実ぶりを示した。投手陣も安定しており、金津打線も同様な展開に持ち込みたい。

 第2試合に登場する足羽は初戦で大野に完封勝ち、2回戦で羽水を7-2で破り、波に乗っている。機動力と小技を絡めた攻撃で相手を揺さぶり、守備もエース佐々木新旺を中心に安定している。対する啓新は初戦の武生東戦、2回戦の鯖江戦ともに完封でコールド勝ちと、投打ともに充実している。2試合合計12イニングを投げた背番号1の安積航大は抜群の制球力で、相手につけいるすきを与えなかった。両エースの投げ合いに注目したい。

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、第141回北信越地区高校野球福井県大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。閲覧には会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。

 ⇒申し込みはこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。熱戦の写真は「Web写真館」で試合当日に公開する。

■9月1日の試合

▽県営球場(福井市)

第1試合・金津―敦賀気比(午前10時)

第2試合・足羽―啓新(午後0時半)
 
 

関連記事