第141回北信越地区高校野球福井県大会2回戦・啓新-鯖江 一回裏、幸鉢悠樹の犠飛で生還する啓新の川上和希=8月29日、福井県営球場

 第141回北信越地区高校野球福井県大会第5日は8月29日、福井県営球場で2回戦を実施。第1試合は啓新が鯖江に7-0で八回コールド勝ちを収め、準々決勝進出を決めた。

鯖江
000 000 00…0
500 000 02x…7
啓新

■鯖江 土田昂樹−田中宗典
■啓新 安積航大、浦松巧−川上和希

 ⇒試合の写真集を見る

 ⇒福井県大会トーナメント表はこちら

 啓新は初回、敵失と刀根宗太郎の内野安打、四球で無死満塁とすると4番打者竹原翔がセンターへ運び2点を先制。川上和希が絶妙のバントヒットで再び満塁とすると、続く山澤太陽は死球。押し出しで3点目を手にした。さらに古川剛の内野ゴロ、幸鉢悠樹の犠飛で1点ずつを加え、計5点を奪った。八回は幸鉢、浦松巧の連打と四球で1死満塁とし、ワイルドピッチで6点目。なお二、三塁で刀根のセカンドへの内野安打で三走が生還し、勝負を決めた。

 先発した安積航大は130キロ前後の直球をコーナーに投げ分けて凡打の山を築き、7回無失点の好投。八回からマウンドに上がった浦松は先頭打者に四球を与えたものの、落ち着いた投球で得点を許さなかった。

 鯖江は七回、先頭の清水皓登が四球で出塁し、続く土田昂樹の左前打で無死一、二塁のチャンスを迎えたが、走塁ミスなどもあり、反撃することができなかった。

関連記事