秋の高校野球福井県大会見どころ

 第141回北信越地区高校野球福井県大会は8月29日、県営球場(福井市)で2回戦3試合が行われ、ベスト8が出そろう。

⇒勝ち上がりはこちら

 注目カードは第2試合の北陸ー丹生。北陸は初戦福井商業に対し、序盤に集中打を見せ勝ち上がった。自慢の打線で試合の流れを引き寄せたい。丹生の1回戦は、前評判の高かった左腕エースが地力を発揮。味方から2点の援護を受け、堂々の完封勝利を飾った。投打にレベルの高い、緊迫した戦いが期待される。

 第1試合は啓新と鯖江。初戦ともに打線が力を発揮し、コールド勝ちしたチーム同士の対戦。第3試合は2人の投手が無失点で勝利につなげた敦賀と、投打がかみ合った福井工大福井が戦う。

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、第141回北信越地区高校野球福井県大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。閲覧には会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。

 ⇒申し込みはこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。熱戦の写真は「Web写真館」で試合当日に公開する。

■29日の試合
▽県営球場(福井市)

第1試合・啓新―鯖江(午前9時)

第2試合・北陸―丹生(午前11時半)

第3試合・敦賀―福井工大福井(午後2時)

関連記事