【10年前のきょう・2008年8月28日】県立恐竜博物館は二十八日、若狭町の小学校教諭が福井市美山町の白亜紀前期の地層・手取層群で、恐竜と鳥類の足跡化石計六点を発見した、と発表した。

 勝山市、大野市(旧和泉村)以外から恐竜の足跡化石が見つかったのは県内初。これまで恐竜化石が多く産出されている手取層群の白亜紀前期の地層の中でも、最も古い石徹白亜層群(一億四千万年―一億三千万年前)から見つかった。

関連記事