第141回北信越地区高校野球福井県大会2回戦・若狭―坂井 先発した若狭の川嶋成=8月27日、福井県福井市の福井県営球場

 第141回北信越地区高校野球福井県大会第3日は8月27日、県内2会場で1、2回戦を実施。福井県営球場(福井市)第2試合の2回戦は、若狭がシードの坂井を8―5で下し、準々決勝に進んだ。

若狭
002 112 200…8
010 021 100…5
坂井

■若狭 川嶋成、高橋諒、川嶋―小林久也、濱上祐輔
■坂井 清水太哉、山下翔也、山口信太、大矢場廉弥―矢原士宇杜、沢嵜一輝

 ⇒試合の写真集を見る

 若狭は1点先制された直後の三回、2死二塁から小林久也の左中間適時三塁打で1点を返し、続く一瀬陽の内野安打で2ー1とし、逆転に成功した。

 四回、五回にも1点ずつ加え、4ー3で迎えた六回は四球と小林の左前打で1死一、二塁とし、一瀬陽の適時二塁打で1点追加。さらに1死二、三塁から川嶋成の犠飛が出て、この回2点を挙げた。七回は1死満塁から小林の中前2点適時打で8ー4。この後の反撃を1点に抑え、逃げ切った。

 坂井は二回、二塁打の南修司を三塁に進め、川上建志の三ゴロで1点を先制。1ー4で迎えた五回は2死一、二塁から、山口信太の三塁打で2点を追加。六回は押し出し四球で1点、七回も1点返したが、及ばなかった。

 →組み合わせはこちら

関連記事