第141回北信越地区高校野球福井県大会1回戦・敦賀―武生工業 四回裏、1死二、三塁から敦賀・溝口哲平のスクイズで先制のホームを踏む景山祥瑛=8月27日、福井県営球場

 第141回北信越地区高校野球福井県大会第3日は8月27日、県内2会場で1、2回戦を実施。福井県営球場(福井市)の第1試合は、敦賀が武生工業を2―0で下し、2回戦に進んだ。

武生工業
000 000 000…0
000 110 00x…2
敦賀

■武生工業 長谷川文音、小島悠里、野村諒―岩嵜大暉
■敦賀 小松拓斗、山本誠心―細川琉羽

 ⇒試合の写真集を見る

 敦賀は四回、1死二三塁から溝口哲平がスクイズを決め先制。五回には2死三塁から内野安打で1点を追加した。

 先発した小松拓斗は粘りのピッチングで八回途中まで無失点の好投。二番手で登板した山本誠心も得点を許さなかった。

 武生工業は三回に林泰成と酒田康平の連打などで1死二、三塁と好機をつくるも、得点できず。九回にも走者を三塁まで進めたが、あと一本が出なかった。

関連記事