サッカー北信越リーグ1部・サウルコス福井―'09経大FC 前半15分、サウルコス福井の松尾篤(右)が先制シュートを決める=8月26日、福井県坂井市のテクノポート福井スタジアム

 サッカー北信越リーグ1部は8月26日、各地で第11節4試合を行った。福井県勢はサウルコス福井が'09経大FC(新潟)を4―0で下し、引き分けを挟んで開幕10連勝とし勝ち点31の首位を維持。坂井フェニックスは富山新庄クラブに1―1で引き分け、勝ち点を13に伸ばし4位をキープした。

 ⇒エース松尾、鮮やかに先制点

 サウルコスは前半15分、FW松尾篤が先制。後半12、28分にFW山田雄太が決めて終了間際に途中出場のMF盛田享佑がだめ押しの4点目を奪った。

 坂井は前半ロスタイム、左CKからFW坂井優介が先制点。後半21分、同点に追いつかれた。

 次節はサウルコスと坂井が対戦する“福井ダービー”。9月2日、坂井市の丸岡スポーツランドで行う。

関連記事