第141回北信越地区高校野球福井県大会1回戦・北陸―福井商業 3回2死満塁から先制の2点適時打を放つ北陸杼木誠太朗=8月26日、福井フェニックススタジアム

 第141回北信越地区高校野球福井県大会第2日は8月26日、福井県内2会場で1回戦を実施。福井フェニックススタジアムの第2試合は、序盤に大量5点を挙げた北陸が福井商業を7ー1で下し、2回戦へ進んだ。

福井商業
000 100 000...1
005 001 01×...7
北陸

■福井商業 奥村開、小林勇仁―鳥山渉一朗
■北陸 駒井将生―杉本来稀

⇒組み合わせはこちら

 北陸は三回、駒井将生と桝井源太の安打などで2死満塁とし、4番杼木誠太朗が右翼線に適時二塁打を放ち、2点を先制。さらに2死二、三塁から川口景史の左越え適時二塁打で2点を追加。この後3連続で押し出しの1点を加え、5ー0とした。

 六回には川口、八回は杼木の適時打で1点ずつ加え、引き離した。

 福井商は先制された直後の四回、2死満塁から小林勇仁の左前適時打で1点を返したが、この後は攻撃の波をつかめなかった。

関連記事