第141回北信越地区高校野球福井県大会1回戦・高志―丹生 高志打線を完封した丹生の玉村昇悟=8月26日、福井県福井市の福井フェニックススタジアム

 第141回北信越地区高校野球福井県大会第2日は8月26日、福井県内2会場で1回戦を実施。福井フェニックススタジアムの第1試合は、丹生が高志を2-0で下し、2回戦に進んだ。

丹生
000 020 000...2
000 000 000...0
高志

■丹生 玉村昇悟―倉谷勇人
■高志 林壮太、島津大河、五十嵐大智―増谷光紀

⇒組み合わせはこちら

 丹生は五回、四球の田中大稀を宮下陸哉が送って1死二塁とし、9番齊藤駿之介が左中間を破る適時三塁打を放ち、1点を先制。さらに川口駿介の内野ゴロを失策する間に齊藤が生還。この回2点を挙げた。

 投げては左腕玉村昇悟がランナーは許すものの要所を締めた。8回は3者連続三振を奪うなど、堂々の投球を見せ完封した。

 高志は4回、粟田紘夢と竹川清太郎の連続安打で無死一、二塁としたが、後続が3者連続三振を奪われるなど、あと一本が出なかった。

関連記事