第141回北信越地区高校野球福井県大会1回戦・丸岡―丹南 秋季県大会27年ぶりとなる1勝を挙げ、笑顔の丹南ナイン=8月25日、福井県敦賀市総合運動公園野球場

 第141回北信越地区高校野球福井県大会第1日は8月25日、県内2会場で1回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第2試合は、丹南が延長戦の末、3―2で丸岡を振り切り2回戦に進んだ。丹南の県大会勝利は2013年春季以来5年ぶり。秋季に限ると1991年以来27年ぶり。

丹南
020 000 000 01…3
000 020 000 00…2
丸岡

■丹南 河合悟志―中嶋秀人
■丸岡 大西崇斗―廣谷颯人

⇒組み合わせはこちら

 丹南は二回、相手守備の乱れなどで2点を先取。その後同点とされ延長十一回、先頭瀧見竜申の右中間二塁打などで1死三塁の好機をつくると、後藤世夢が右前に返して待望の勝ち越し点を奪った。先発したエース右腕河合悟志が11回を6安打2失点と粘った。

 メンバー9人のみで臨んだ丸岡は2点を追う五回、廣谷颯人の適時二塁打などで同点に追いついた。九回裏には2死二、三塁とサヨナラの好機を迎えたが得点できず、延長戦で勝ち越しを許した。右腕大西崇斗が11回を投げ抜いたが、力尽きた。

関連記事