風で屋根が落ちた土蔵=8月24日、福井県大野市上野

 大野市では屋根のトタンがめくれるなど住宅2軒が一部損壊。越前町では町漁協の米ノ荷さばき所の金属屋根が吹き飛ばされた。小浜市下根来では、護岸工事の仮設道路が傾き、重機が川に転落した。

 敦賀市では、気比神宮境内にある市指定天然記念物「ユーカリノキ」の三つまたに分かれた幹の1本が折れた。

 福井地方気象台によると、最大瞬間風速は敦賀市で24日午前0時50分に37・5メートルを記録。坂井市三国33・9メートル、勝山市31・7メートルなど県内5地点で8月の観測史上最大となった。24日にかけての24時間最大雨量は小浜市168ミリ、美浜町137・5ミリ、大野市九頭竜133ミリを記録。小浜市の午前3時40分までの3時間雨量117・5ミリ、同33分までの1時間雨量65・5ミリは、ともに1976年からの観測史上最大となった。

 小浜市の874世帯、1917人に避難勧告、高浜町、おおい町、若狭町全域で避難準備・高齢者等避難開始が一時発令された。避難者はいなかった。ともに24日午前8時までに解除された。

関連記事