北信越地区高校野球福井県大会の見どころ

 第141回北信越地区高校野球福井県大会は8月25日、福井フェニックススタジアム(福井市)と敦賀市総合運動公園野球場で、熱戦の火ぶたを切る。30校が北信越大会の出場権3枠を懸け、チーム一丸の戦いを見せる。初日は夏の甲子園に出場した敦賀気比や夏の福井大会準優勝で注目を集めた若狭が登場する。

 ⇒組み合わせはこちら

 フェニックスの注目試合は敦賀気比―科学技術(第2試合)。シード敦賀気比は前チームから残った選手は少ないが、足を絡めた攻撃でリズムをつかむ。科学技術は守備練習を徹底。経験豊富な二遊間コンビを中心に失点を減らしたい。

 敦賀市総合の注目試合は藤島―若狭(第1試合)。チームの半数を1年生が占める藤島は打線に勢いがある。投手陣も1年生が担い、秋季5年ぶりの勝利を目指す。若狭は準優勝の主力メンバーを好守の柱に据える。投手層や守備力にも自信を見せ、初戦突破で勢いをつけたい。

■25日の試合(1回戦)

▽フェニックス
奥越明成―武生(午前9時)
敦賀気比―科学技術(午前11時半)
三国―福井高専(午後2時)

▽敦賀市総合
藤島―若狭(午前9時)
丸岡―丹南(午前11時半)
武生商業―美方(午後2時)

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、第141回北信越地区高校野球福井県大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。閲覧には会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。

 ⇒申し込みはこちら

 ⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。熱戦の写真は「Web写真館」で試合当日に公開する。

関連記事