【10年前のきょう・2008年8月24日】育てたスイカの重さを競う「第二回素人ジャンボスイカコンテスト」の審査会が二十四日、あわら市牛山の農産物直売所きららの丘で開かれた。七十五キロのスイカを育てた坂井市の男性が優勝した。

 坂井北部丘陵地特産のスイカに親しみを持ってもらおうと、同直売所の会員でつくる「きららの丘の会」が開いた。市内外の十四組が、巨大スイカの品種「でぇらい西瓜(すいか)」を栽培し出品した。

関連記事