延元3(1338)年2月、南越前町にあった杣山(そまやま)城に立てこもった南朝方の新田義貞と北朝方の越前国守斯波高経が日野川をはさんで戦った。義貞軍が勝利を収め、高経軍は足羽の城に逃れた。