イエズス会の宣教師ルイス・フロイスが天正9(1581)年4月、京都から北の庄に出向く途中、越前府中に寄った様子を著書「日本史」に記している。府中での布教ぶりを伝える。