台風19号の進路予想図=8月19日午後3時現在(気象庁ホームページから)

 強い台風19号は8月19日、東京都・小笠原諸島の父島から西南西の太平洋上を西北西に進んだ。小笠原諸島周辺の海では大しけになるほか、21日には九州南部や鹿児島県の奄美へかなり接近し、大雨や暴風になる恐れがあり、気象庁が警戒や注意を呼び掛けた。福井には22、23日に接近する見込み。

 東日本や西日本の太平洋側では20日から局地的に1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るほか、九州南部や奄美では21日から台風の雨雲がかかり、雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨になる恐れがある。土砂災害や河川の氾濫などの危険もある。

 20日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄が20メートル(30メートル)、九州南部と奄美が15メートル(23メートル)。波の高さは小笠原諸島と沖縄が6メートル、九州南部と奄美が5メートル、伊豆諸島と東海、近畿、四国、九州北部が4メートル。

 予想降水量は21日午前6時までの24時間で、東海や近畿、四国が100~150ミリ、九州北部や九州南部、奄美が50~100ミリの見込み。

 台風19号は19日正午現在、父島の西南西約410キロを時速約10キロで西北西へ進んだ。中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心の北西側150キロ以内と南東側110キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。中心の北西側560キロ以内と南東側390キロ以内が強風域。

 台風20号も19日、トラック諸島近海を時速約15キロで北西に進んだ。

 日本の南で海面温度が高く、台風が生まれやすい状態が続いており、12日から5日連続で発生する異例のペースとなっている。

関連記事