【10年前のきょう・2008年8月19日】ホッケーの第38回全日本中学生選手権大会は十九日、富山県小矢部市の小矢部ホッケー場で男女の準決勝、決勝が行われた。男子決勝は朝日と糸生による初の県勢対決。朝日が糸生を4―1で下し初優勝を果たした。

 決勝は、朝日が足を生かしたスピードのある攻撃を展開。開始9分に先制し、前半を2―0で折り返した。後半も勢いは衰えず、ペナルティーコーナーなどから得点を重ねた。糸生も後半14分に1点を返して粘りを見せたが、振り切られた。

関連記事