北陸新幹線福井駅部について、担当者から説明を受ける安倍晋三首相(右から2人目)=2015年4月、JR福井駅東口

 9月の自民党総裁選に出馬の意欲をにじませている安倍晋三首相が8月下旬に来県することが8月17日分かった。福井県連が福井県福井市内で開催する党員研修会の講師として招く。県連によると、安倍首相の公式な来県は、北陸新幹線福井駅部などを視察した2015年4月以来となる。

 県連会長の山崎正昭前参院議長が、坂井市内で開かれた県連執行部会の会合後、記者団に明らかにした。「北陸新幹線や中部縦貫自動車道大野油坂道路などのビッグプロジェクトが県内で進んでいる。安倍首相から、福井や地方創生への思いを聞かせていただきたい」と述べた。安倍首相は講演のほか、県内視察に出向く可能性があるという。

 総裁選を巡っては、石破茂元幹事長が出馬を正式表明しており、連続3選に意欲を示す安倍首相と一騎打ちになる公算が大きい。山崎会長は総裁出身派閥の細田派に所属しているが「安倍首相はまだ出馬を正式表明しておらず、研修会と総裁選は無縁」と語った。

 執行部会ではこのほか、総裁選日程が正式に決まり次第、県連に委員5人による選挙管理委員会を設置することを決めた。委員長には会長代行の山岸猛夫県議が就く。

関連記事