気温が高くなり上へ上へと発達する入道雲=2018年8月14日

入道雲から発達した積乱雲。上部が傘のように大きく開いている=2018年8月14日、福井県あわら市から

 夏の空といえば入道雲。ムクムクと雲が沸き立つように大きくなり時には激しい夕立を降らせる。子供のころはよく見たけど今はあまり見かけないとの声を聞くこともある。実際は暑さで外出を控えたり、車で移動したりで空を見上げることが少なくなった大人の目には見えないだけ。晴れ上がった8月の猛暑の空には時々現れている。2018年の福井の空も出現の条件がそろったとき青空をバックに成長する姿が見えた。雨上がりで猛暑日となった8月14日、巨大な積乱雲に発達する様子がとらえられた。(M)

 入道雲は雲の種類を10種類で表す「10種雲形」の中の「積雲」か「積乱雲」に分類される。晴れた日地面が熱せられると空気が熱く軽くなって上昇し積雲が生まれる。さらに積雲が大きく発達したのが入道雲で「雄大積雲」「雄大雲」と分類される。高さ1万メートルにもなることがある。雄大積雲の上への成長が止まって横に広がっていくのが積乱雲。雄大積雲や積乱雲は雷とともに激しい雨が振ることがある。

 7月は福井県でも梅雨明けが早く連日のように晴れ上がり、猛暑となった。しかし晴れ続きで暑すぎて空気中に含まれる水分が少なく、大きな入道雲は現れなかった。8月は台風13号が関東地方をかすめて太平洋を東に進んだ影響で福井県も8日から10日にかけて雨模様となった。地面や空気中に水分が残り中旬から気温も35度前後を超え入道雲が現れる条件は整った。

 8月14日は前日に雨、さらに最高気温が福井市で37・6度を記録するなど福井県内全体が猛暑日で入道雲が現れやすくなった。午後から青空をバックに2つの頂がある雲が上に伸びていき入道雲となった。さらに白い雲が煙のように立ち上がり大きく育っていく。いったん小さくなったと思うとまた一つにまとまって大きく、高くなり頂上部分が横に広がっていく。

 雄大積雲から積乱雲に変化した。上部がカリフラワーのように大きくなり、さらにキノコの傘を広げたように横に伸びていく。雷鳴も聞こえ、時々雲の中から稲光も見えた。積乱雲になってからほぼ30分、空全体に雲が多くなり周りの雲に溶け込むように消えていった、

 大きな入道雲が発生した14日、福井県内では大野市に夕方大雨警報が出され、越前市や勝山市などで一時的にゲリラ豪雨のような激しい雨が降った。猛暑の2018年8月。予報ではこれからもまだ晴れで最高気温35度という日がある。空をながめていると元気な入道雲と出会えそうだ。

 Dのコラム全文は福井新聞D刊に掲載しています。

 いろいろな入道雲、積乱雲の写真や動画も掲載しています

関連記事