吾妻広域消防本部にある献花台の前で手を合わせる女性=17日午前、群馬県東吾妻町

 群馬県の防災ヘリコプター「はるな」が墜落し、搭乗員9人全員が死亡した事故から1週間となった17日、隊員6人(1人は県に派遣)が犠牲になった吾妻広域消防本部(同県東吾妻町)に設置された献花台に多くの人が訪れ、地域を守るために活動を続けてきた隊員たちを悼んだ。

 「人の命を守る想いを胸に救助活動に当たってきたこと、私たちはずっと忘れません」。献花台にはたくさんの花やたばこ、飲み物が供えられ、6人宛ての色紙も置かれていた。犠牲者の田村研さん(47)宛てに「ただただ残念でなりません。また一緒にスキーしよう」と書かれたメッセージボードも。

関連記事