【越前海岸】キスは明け方狙いが吉。波松、三里浜、三国突堤で15~24センチが10~25匹。日中は10センチ前後のピンギスが主となる。アオリイカは雄島~安島、鷹巣、茱崎~左右~玉川などで見られ始めた。まだ小さめなので釣りの対象として楽しめるのは9月からの見込み。潮通しのいい地磯ではヒラマサ、サワラ。

 

【福井新港】チヌはパイプライン、北防、砂防、第2排水口で狙える。必需品はまき餌と刺し餌の練り餌。25~35センチが1~5匹。日によって45センチオーバーも交じる。アジは日によってムラがあるもののパイプライン、北防、第2排水口で15~20センチが10~50匹。

 

【嶺南】敦賀新港、縄間で豆アジが爆釣。100匹以上釣り上げる家族連れが目立つ。18センチ前後の小サバや20センチ級のキジハタも交じる。小浜新港では豆アジが50~100匹、15~20センチのサヨリが40~50匹。40~50センチのヒラメはアジのノマセ釣りで。

 

【河川】アユは18~22センチが5~20匹釣ればまずまず。渇水状態の河川では、深さのある平瀬~トロ瀬、または瀬の流芯を攻めるのが得策。30~50匹なら自慢できる釣果。日野川の日の出橋上流や田倉川で16~24センチが11~26匹。北川河口では30センチのセイゴ。

 

【沖合】三国沖、鷹巣沖などでマイカ、マダイ。小浜沖ではマイカが渋いが、30~50センチのアジ、サバが上々。

 

越前海岸
アジ、キス
福井新港
チヌ、キス
嶺南
チヌ
アジ
河川
スズキ、アユ
関連記事