2012年に岡山操山高(岡山市)の野球部マネジャーだった2年生の男子生徒が自殺した問題で、岡山県教育委員会が設置した原因究明のための第三者調査委員会の初会合が16日、岡山市内で開かれた。委員長に選任された新阜真由美弁護士は終了後の記者会見で「事実として何が起きたのかをはっきりさせたい。その上で再発防止に向けて提言をできれば」と述べた。

 会合は非公開。新阜弁護士によると、経緯の共有や調査の進め方について協議した。遺族とも面談し、教育問題に詳しい専門家への意見聴取が決定。当時の野球部員や監督らにも必要に応じて今後聞き取りを行うとしている。

関連記事