岐阜県教育委員会は16日、山県市の県立山県高が熱中症対策のため夏休みを2日間延長することを決めたと発表した。全国的な猛暑を受け、文部科学省は7日、各都道府県の教育委員会などに必要に応じて夏休みの延長を検討するよう求める通知を出していた。

 伊藤崇校長は「予想外の猛暑のため、生徒の健康を第一に考えて判断した」と話した。

 同校によると、普通教室にはエアコンが設置されておらず、夏休み前に暑さで体調不良になる生徒が多かったことから、文科省の通知を受けて延長を決めた。7月20日〜8月27日の予定だったが、29日までとなった。

関連記事