台風15号の経路。8月15日午後3時ごろに熱帯低気圧に変わった

 低気圧や前線に湿った空気が流れ込む影響で、8月16日にかけて北海道から中国、四国の広い範囲が大雨になる恐れがあるとして、気象庁は15日、土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に警戒するよう呼び掛けた。特に前線が通過する東北は1時間に80ミリの猛烈な雨が予想される。福井地方気象台によると、福井県内は16日昼すぎから夕方にかけて、多いところで1時間に40ミリの激しい雨が雷を伴って降る恐れがある。16日午後6時までの24時間予想雨量は、いずれも多いところで嶺北100ミリ、嶺南60ミリ。その後の24時間は50~100ミリの見込み。

 台風15号は15日午前3時前、宮崎県日向市付近に上陸、福岡県久留米市付近などを通って九州を縦断した。午後3時ごろには長崎・対馬の近海で熱帯低気圧に変わった。16日にはこの熱帯低気圧や四国に南下する前線に南から暖かく湿った空気が流れ込み、気象庁によると、北日本(北海道・東北)付近に停滞していた前線は東日本から西日本まで南下する見通し。また、16日午前には前線上で低気圧が発生し、北日本を通過するとみられている。各地で大気の状態が安定せず、大雨になりそうだ。落雷、竜巻などの突風にも注意が必要だ。

 15日夕方には青森県深浦町付近で1時間に約100ミリの猛烈な雨が降ったとみられることがレーダー解析で判明した。16日午後6時までの24時間に予想される雨量はいずれも多い地域で東北200ミリ、四国150ミリ、北陸、東海、中国120ミリ、北海道、関東甲信100ミリ。その後の24時間は北海道、東北、北陸50~100ミリ。

関連記事