ONE OK ROCK『ONE OK ROCK 2017 “Ambitions” JAPAN TOUR』

 いやはや、いわゆるひとつの「浦島太郎状態」に陥ってしまった。今や、来歴を書くのもはばかられるばかりの活躍なのだれど、私と同じ「ワンオク」初心者の方のためにひとつ、拙いご紹介を……。2005年にバンド結成、2007年のデビュー以降、その高い音楽性、心を揺さぶるサウンドで、すでに国内のみならず世界から注目を集めている「ONE OK ROCK」。ヴォーカルを務める「TAKA」は、森進一・森昌子の子にして元ジャニーズ事務所メンバーだ。

 でもとりあえず、そうした先入観は抜きに彼らの音楽を聴いてほしい。楽曲に、演奏に、そして何よりTAKAの歌声に、新時代の到来を感じるはずだから。

 2017年、32公演・30万人を動員したジャパンツアーのなかから、さいたまスーパーアリーナでの模様を収録した本作。スタンド、2階、3階と、見渡す限り埋め尽くされた人の波にも動じることなく、胸に迫る音楽の渦のなかに観客を導いて行くTAKAのパフォーマンスはすでに余裕すら感じるほどだ。個人的にはDISC1中盤で披露された『Clock Strikes』の、伸びやかな歌声が忘れられない。DISC2は一転、このライブが形作られるまでの舞台裏にも密着するドキュメンタリーで、オンオフ両面の魅力を堪能できるので、こちらもお楽しみに。

(A-Sketch・5370円+税)=玉木美企子

関連記事