記録的な干ばつに見舞われたオーストラリア東部ニューサウスウェールズ州の牧草地=7月20日(ロイター共同)

 【シドニー共同】オーストラリアで記録的な干ばつが続いている。特に最大都市シドニーがある東部ニューサウスウェールズ州は14日までに、日本の国土の2倍以上に当たる約80万平方キロの州全土が干ばつに見舞われていると発表。ターンブル首相は13日、連邦議会で「干ばつの被害はじわじわと進行し、長引き、広範囲にわたる」と懸念を示した。

 農畜産業への被害が深刻化しており、連邦政府は5日、農家への緊急救済措置として1億9千万豪ドル(約150億円)の拠出を表明した。

 同州では7月に、降水量が10ミリに満たなかった地域が多くでた。乾燥状態は今後3カ月程度続く見通し。

関連記事