東京証券取引所=東京都中央区日本橋兜町

 14日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は急伸した。トルコの通貨リラの対ドル相場が東京市場の取引時間中は下落が止まり、安心感が高まった。終値は前日比498円65銭高の2万2356円08銭で、上げ幅の大きさは今年3位。13日はリラ安懸念から440円下げ、市場乱調の起点となったリラ相場をにらんで一喜一憂する姿を示した。

 13日はアジアや欧米でも株式が売られ、世界同時株安の様相となった。これに対し、14日は円安ドル高が追い風となった東京市場の復調が目立ち、平均株価は2万2000円台を回復して取引を終えた。

関連記事