1855(安政2)年、松成村(現鯖江市松成町)生まれ。グリフィスの薫陶を受け、20歳で渡米。帰国後は全国の中学、高校長などを務め、歎異抄の英訳を行うなど日本文化の紹介に力を入れた。