約1万発の大輪がビーチを埋めた観客を魅了した三国花火大会=昨年8月11日夜、福井県坂井市の三国サンセットビーチ(多重処理)

 第38回三国花火大会は8月11日午後7時半から、福井県坂井市の三国サンセットビーチで開かれる。水中花火、2尺玉など約1万発が、1時間にわたって夜空を彩る。今年は例年と趣向を変えたプログラムになるという。第2観覧会場の九頭竜川ボートパークの有料観覧席(1500円~8千円)が(8日現在)若干残っている。場所取りは当日の午前8時以降に制限する。

 午後4時~同10時に県道三国・東尋坊・芦原線の今新交差点―七福前交差点が通行止めとなる。駐車場は三国海浜自然公園や東尋坊、三国体育館など20カ所ある。テクノポート臨時駐車場と第2観覧会場の九頭竜川ボートパーク近くを結ぶ無料シャトルバスを午後4時~同7時、同8時半~同9時20分に運行する。荒天の場合は12、13日と順に順延する。

 福井地方気象台の9日午前11時発表の天気予報によると、11日の嶺北地方は、曇りのち晴れ。波は0.5メートル、後1メートル。最高気温は33度、最低気温は25度。降水確率は30%になっている。

 有料席などの問い合わせは同大会実行委(坂井市観光産業課内)=電話0776(50)3152。

関連記事
あわせて読みたい