台風13号の予想進路(9日9時現在)

 強い台風13号は9日、暴風域を伴いながら鹿島灘を北上した。今後は勢力をやや弱めながら午後には東北の太平洋側に達し、少しずつ進路を東寄りに変えていく見込み。速度が遅く影響が長引くため、気象庁は東北の太平洋側や関東を中心に暴風雨や高波に厳重な警戒を呼び掛けた。

⇒台風情報はこちら

 東北太平洋側では9日夜にかけて暴風となり、海は10日にかけて大しけになる見通し。台風が近づいた際には高潮にも注意する必要がある。

 航空各社は成田空港や仙台空港を発着する便の欠航を決定。鉄道の運行にも一部影響が出た。

 福井県関係では、全日空小松-成田便の午後の2便が欠航となった。

 台風は9日午前9時現在、水戸市の東南東約60キロを時速15キロで北に進んだ。中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心の東側90キロ以内と西側40キロ以内が風速25メートル以上の暴風域になった。24時間降水量は埼玉県秩父市で157・0ミリ、福島市で147・0ミリに達した。茨城県北茨城市で145・0ミリ、千葉県銚子市では27・5メートルの最大瞬間風速を観測した。

 10日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は東北と関東で30メートル(45メートル)、波の高さは東北10メートル、関東9メートル。10日正午までの24時間予想雨量は多い地域で東北120ミリ。

 8日は強い風にあおられて転倒するなどし、茨城、千葉、神奈川各県で4人がけがをした。

関連記事
あわせて読みたい