1924(大正13)年の福武線開通とともに「兵営」駅として開業し、鯖江歩兵第36連隊の兵士が多く出征した。駅周辺には商店街が形成され、現在の神明地区の基礎が出来上がった。